安い料金で引越しをするには|地元密着型なら安心

転居はコストを抑えたい

レディ

賢い選択の鍵はネット検索

3月から7月にかけて、転勤や進学などで転居する方が多いシーズンです。敷金礼金、家具家電の購入などお財布が痛い時期でもあります。引越しも業者に依頼する、親族・知人に手伝ってもらうといった様々な方法がありますが、なるべくコストを抑えたいところ。12回にわたる引越しで、自力での引越しから業者へ梱包からフルで依頼まで経験した中で安い・安全・安心な引越しのための方法を少しだけお話しします。まず一番安い方法が自分でトラックを借りて自力での作業です。梱包だけでも骨が折れるのに、冷蔵庫洗濯機テレビなど大型の荷物を積んで下してを繰り返し体を傷めてしまいました。次に安い方法が知人へ依頼。作業後の食事代だけのコストなので安いと思いきや、作業が終わったあと家を見たら壁に傷が。知人のため却って責めることもできず、泣く泣く自腹で壁の修繕をしました。やはり餅は餅屋、次はプロにお願いしようということで不動産屋と提携している大手の引越し業者に依頼。見積もり時点で目玉が飛び出そうでしたが、作業は丁寧だし小さなものから梱包もしてくれるので自分は座っているだけのためかなり楽でした。次は安く済ませたいと思ったため、ネットで引っ越し業者を検索し、相見積もりをとって交渉し安い業者を選択しました。大手ではなく小さな地元の業者のようでしたが、作業もスピーディで丁寧だし大手の業者と比較するとかなり費用が抑えられ大満足。もう自力での引越し作業に戻れそうにありません。引越しは昔からある地元の無名の業者に依頼することをおすすめします。

女の人

転居が決まったら

何かと費用のかかる転居に際して、引越しの料金はできるだけ安くしたいものです。その場合は、安いプランを提案している小さい規模の業者を探したり、繁忙期を避けて予約をしたり、時間帯を選ばないプランにしたりすることで、安い料金にすることができる可能性があります。

婦人

料金を安くする

引越しを安い料金にするには、繁忙期を避けることです。繁忙期は料金が高めに設定されていますので、その時期を避けることです。また、曜日によっても料金が異なります。土日祝日は高めですので、平日のほうが料金が安くなります。

作業員

単身者向け節約法

引越し料金を安い料金にする方法として、混雑している時間帯を避ける方法があります。午前中は多くの方が予約するため割高になっているのですが、午後の時間帯になると空いてくるため料金も割安になっているのです。