安い料金で引越しをするには|地元密着型なら安心

料金を安くする

婦人

繁忙期を避ける

引越し代を安い料金にする方法のひとつとして、繁忙時期を避ける方法があります。引越し料金は、定価が決まっているわけではなく、同じ荷物の量・移動距離・作業人数であるにも関わらず、時期によって料金が変動をするものなのです。さらに、業者間でも料金が異なるのです。特に料金が高い時期は、3月後半から4月上旬にかけてです。この時期は、新年度を迎えるにあたり就職や進学、卒業等で転居される方が多いのです。それに伴い引越し件数も1年の中でピークになるのです。作業件数が多ければそれだけ売上が上がるから料金はふつう安いのではと思ってしまいます。しかし、作業件数が多いという事はそれだけ人員を確保しなければなりません。また、自社で保有しているトラックが足りなければ、他社からレンタルをしなければならないなど、経費もそれだけかかるのです。そのため、料金が高めに設定されているのです。つまり安い料金で引越しをするには、3月4月を避けることです。これだけでも安くすることができます。しかし、仕事関係で転居となると異動は直前に言われることが多いですから、3月4月を避けるのは難しい方も多くいます。この時期でも安い料金にする方法としては、土日や祝日を避けて平日に作業を予約することです。会社が休みになる土日や祝日で引越し作業を終わらせてしまおうと考えている人は多いですから、どうしても混み合います。さらに早めに予約をしておかないと土日に入れることができないこともあります。有休をとれるなら、平日にしたほうが比較的空いているので安い料金になります。